イメージ画像

審査が通り、お金が借りやすいキャッシングサービス一覧。安心してお金借りれるキャッシングを厳選。即日融資OKで24時間、365日申込み可能。

キャッシングの審査やネット申込み、返済方法など

キャッシングでお金借りる際には、気になることが様々ありますが、中でも気になる事は審査や申込方法、そして返済方法ではないでしょうか。 そこでここでは、それらについて詳しくご紹介致します。

キャッシングの審査

キャッシングの審査に通りやすい、通りにくいなど、貸金会社によって基準は違いますが、キャッシングの審査で重要視される項目はいくつかありますが、まずは年収です。 特にアイフルなどの消費者金融のキャッシングでお金借りる場合は、年収の3分の1以上はお金を借りることができませんので、欠かせない条件です。 審査において、年収が多いに越したことはありません。年収が多い方がキャッシングの審査は通りやすいです。 年収100万円の人よりも年収600万円の人のほうが、審査にははるかに通りやすく、お金も借りやすくなります。 しかし、年収が多い少ないよりも、年収が毎年安定しているかどうかのほうが重要視されているのです。 いくら年収が多くても、年によって浮き沈みが激しい年収では、毎回安定した返済をするのは難しいと考えられるからです。 安定した収入=審査が通りやすい、ということ。

年収以外にも、重要視される項目があります。 それは他の借入です。 申し込もうとしているキャッシング以外にも、お金を借りている人は少なくありません。 キャッシングの審査申し込みの際には、ほぼ例外なく他の借り入れについて入力を求められます。 審査に有利になりたいからといって、ここでうそを申告して借金が他にないなどと言ってもむだです。かえって審査が通りにくくなってしまいますよ。 信用情報機関に問い合わせをすればすぐにわかることですので、うそをつくことによってかえって信用性に傷がついてしまいます。 ここで問題となる「他の借入」は、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシングです。 同じ借入でも、住宅ローンなどはもちろん審査で見ますが、消費者金融やクレジットカードほど重視されません。 銀行のキャッシングを申し込んだ際に、同じ銀行で住宅ローンを利用して返済していると、逆に審査が通りやすくなり金利も優遇してくれる銀行も少なくありません。

そして、仕事についても重要な審査項目といえます。 パートやアルバイトの人は、安定した職業ではないから心配だと考えている人も多いでしょうが、そんなことはありません。 パートやアルバイト、主婦や年金受給者、そして派遣社員など、雇用が安定しないあるいは収入が少ない人であっても、最近では審査に通りお金を借りることができるケースが増えています。 特に、銀行のキャッシングでそのケースが増えているようです。 正社員や公務員が審査が通りやすいのは言うまでもありませんが、パートやアルバイトの人でも、ある程度長期間継続して同じ勤務先で働いていれば、審査には通りお金が借りやすくなります。 「安定した雇用」とみなされるからです。

キャッシングの申込

最近では、利便性を考えて様々なキャッシングの申込方法があります。 従来型の申し込みといえば、店舗で直接申込みをする方法です。 しかし、特に消費者金融において有人店舗の数は減少の一途をたどっており、この申し込み方法がそもそもない消費者金融もあります。 ただし店舗に来店をすれば、その場で審査してくれカードは発行され、即日でお金を借りれますし、わからないことがあればすぐに質問することも可能です。

電話での申込を受け付けている貸金業者もあります。 インターネットは苦手だし、だからといってわざわざ店舗まで行ってお金を借りるのは面倒と考えている人に人気です。 電話での受け付け可能時間は限られますが、それでも電話でのキャッシング申込みの利便性はあります。 郵送やファックスですと手書きで、インターネットでもキーボードを使って入力しなければならないですが、電話ならば口頭でキャッシング申込みの必要事項の「入力」を行えます。

郵送やファックスでのキャッシング審査申し込みを受け付けている消費者金融もあります。 たかがキャッシングでも契約ごとはやはりしっかり書面で残したい、そう考える人も少なくありません。 しっかりと自筆で一つ一つ記入して納得した上で、キャッシングの契約をしたい人には根強い人気です。

特に、消費者金融で増えているのが自動契約機です。 自動契約機は、タッチパネルなどで入力をして必要書類を端末でスキャンすれば、あとは1時間弱そこで待っているだけでカードが発行されATMでキャッシングすることが可能です。 店舗がない消費者金融でも、自動契約機を設置しているところは増えてきていますので、お金をかりるのに便利になってきました。 ただし、自動契約機に足を運ぶのを見られたくない人もいるのも、事実です。

こっそりとキャッシング審査の申し込みをしてお金を借りたい人には、インターネットでの申込がおすすめです。 場所を選びませんので、自宅はもちろん、外出先などからもカードローンの申し込み可能です。 場所だけでなく時間も選びませんので、カードローンの申込だけならば24時間365日受付しているところも少なくありません。 消費者金融の中には、ネット申込をすると面倒な在籍確認をしなくてもいいところもあり、こっそり申し込んでお金を借りたい人にこの点も人気な点です。 貸金業者側からしても、インターネットでも申込は最初のシステム構築さえしてしまえば、あとはさほど貸付業務のコストもかからないメリットがあります。

キャッシングで借りたお金の返済方法

キャッシングでお金を借りたら返済をしなければなりませんが、最も一般的なのがATMを使った返済です。 自社ATMを持っている業者でしたら、そこでお金を入金することで返済をすることが可能となります。 お金を借りるのも、返済するのも手数料がかからないのが一般的です。 自社ATMを持っていない、あるいは近くにATMがない場合には、提携している金融機関のATMからも借りたお金の返済が可能です。 コンビニエンスストアに設置されているATMからも返済が可能ですが、手数料がかかるケースがほとんどですので注意しましょう。

ATMの返済ですと、返済をし忘れるリスクがありますので、それを解消したいなら口座引き落としによる返済がおすすめです。 指定期日が来ますと、自動的に口座からその月の返済分のお金が引き落とされます。 これならば忙しくても返済を忘れることはありませんが、うっかり口座にお金を入れ忘れてしまうと延滞扱いとなってしまいますので注意が必要です。

最近増えているのが、インターネットバンキングを使った返済です。 口座にお金が入っていないと気づいても、もう夜も遅いし出かけたくないというシチュエーション、ありますよね。 そんなときにはインターネットバンキングの返済が便利です。 インターネットバンキングは、ほぼ24時間365日対応していますので、いつでもどこからでも返済することが可能です。 ただし、インターネットバンキングに対応している消費者金融は、まださほど多くないのが現状で、アコムやプロミスは対応しています。

キャッシングの即日融資でお金を借りる

どうしてもすぐにお金を借りたい場合、キャッシングは非常に便利です。 審査申込から契約まで、順調に行けば1時間程度で完了する貸金業者もあり、その後にすぐキャッシングでお金を借りることができます。 すぐにお金を借りられる業者の多くは「即日融資」を謳っているのですが、そんな貸金業者でも即日融資してくれない場合があります。

即日融資でお金借りる場合は締め切りがある

即日融資のキャッシングでお金借りるにも、締め切りがあります。 銀行と同様に、消費者金融でもスタッフの勤務時間がありますので、それ以外の時間にキャッシングを申し込んだとしても受け付けてくれないからです。 どの貸金業者にも締め切り時間があるものですが、その時間を明記している業者とそうでない業者がありますので、即日でお金を借りる場合は注意してください。。

例えばアコムで即日でお金を借りる場合であれば、平日の14時まででしたら即日審査、即日融資でお金借りることが可能です。 ただしこれは電話申込の場合で、インターネットを使った場合には14時半ほどまででしたら即日でお金を借りれます。 レイクでお金を借りる場合には、インターネットによる即日振込みを選択すれば、平日の14時までに申し込めば即日振込みでお金を借りることができます。 プロミスなど特定の銀行口座を持っていれば、24時間融資可能なところもあります。

「即日融資」の言葉の意味

「即日融資」というと、その日のうちに審査申し込みから融資までしてくれるイメージがありますが、必ずしもそうではありません。 審査は即日だけど融資は数日後の場合もあれば、融資は即日だけど審査に数日かかる場合もあります。 これらの意味も全てひっくるめて「即日融資」と謳っている場合もありますので、お金を借りる際は注意してください。

このページの先頭へ